•  
  • 未分類
  • ファッションアイテムとしての腕時計

ファッションアイテムとしての腕時計

Categories: 未分類
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2012年6月25日

私は腕時計は「時間を確認する」という用途よりは「ファッションアイテムのひとつ」としてとらえています。

実際、時間を確認するのは携帯の方が多いですし、腕時計をしているのにいつものクセで時間を見るために携帯を探してしまうほどです。仕事中や携帯を出しにくい状況以外では、

そこまで必要としていないはずの腕時計ですが、それでもやはり常に3本はお気に入りと呼べるものを持っています。

腕時計を最もよくつけるのは夏です。半袖や7分袖になるとどうしても腕が寂しくなりますが、仕事上あまり派手なブレスレットはできないので、アクセサリーのように使える華奢な腕時計や、逆に存在感たっぷりの大きめの腕時計を付けたりします。

特に文字盤が大きめの時計は手首が細く見えるのでオススメです。

夏フェスや旅行、アウトドアなどでは水に強い素材や防水機能のある腕時計が重宝します。カラフルなものも多く、シンプルになりやすい服装のアクセントになって便利です。

最近ではランニング用に軽くて細くてしかも安いデジタル時計をよく付けています。壊れやすい環境で使う腕時計は、長く愛用するというよりも、すぐ買い替えられる手軽さが重要です。

服装やその日の状況に合わせて靴を選ぶように、腕時計も高価なものでなくても何種類か持っていると、選ぶのが楽しくなるのでオススメします。

Share this

Welcome , today is 水曜日, 2017年12月13日